ブログ BLOG

高濃度ビタミンC点滴

当院が高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療を行う理由

2005年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)国立がん研究所(NCI)国立食品医薬品局(FDA)の科学者たちは共同で「高濃度のビタミンCはがん細胞を殺す」という論文をアメリカ科学アカデミー紀要に発表しました。

続いて2006年3月には高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存を続けている 3人のがん患者についてカナダ医師会雑誌に論文が発表されました。

2007年には「高濃度ビタミンC点滴療法はがん患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状 を改善し、QOL(生活の質)を改善する」と韓国医師会雑誌に論文が発表されています。

そして現在では、アメリカやカナダの多くの医師がこの高濃度ビタミンC点滴療法を行うようになり この治療を受ける患者は急増しています。

研究面でもカンザス大学、ジョファーソン大学、アメリカの民間がん専門総合病院はNIHの認可を得て、卵巣がん、悪性リンパ腫、膵臓がん、末期がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法の効果について臨床研究が開始、予定されています。
点滴療法研究会のマスターズクラブの会員医師は研究会の研修を受け、アメリカで実施されている、「高濃度ビタミンC点滴療法の標準的プログラム(Riordan IVC protocol)と同じものを患者様に安全に提供します。

ビタミンC注射薬について
  • ビタミンC製剤は製造工場から医療機関に納付されるまでUSP基準(米国薬局方)を満たした2℃~8℃の冷蔵保存が義務付けられています
  • 冷蔵空輸にて点滴療法研究会が推奨している大手製薬会社(マイラン社)の注射薬を使用しています
  • 当院では点滴療法研究会の認定医である院長が治療を行っています

高濃度ビタミンC点滴

用途:抗がん剤、手術、化学療法、放射線療法として
高濃度ビタミンC療法は、通常の抗がん剤と比べて副作用がないことが最大の特徴です。そのため、化学療法など一般に医療機関で施される抗がん治療と併合が可能です。

高濃度ビタミンC点滴療法の治療費
治療費 25g 16,500円
50g 27,500円
75g 33,000円
血中濃度測定 5,500円

※自費診療のため、健康保険は使用できません。
※税込み価格です。

マイヤーズカクテル点滴療法

用途:慢性疲労、全身倦怠、筋線維痛、自律神経の改善
人間の体の中にある栄養素である、ビタミンB群(B1,B2、B3、B5、B6、B12)とビタミンC、ミネラル(マグネシュウム、カルシウム)を大量に点滴し、急速に血中濃度を上昇させてその薬理効果を 発揮させる治療法です。
偏頭痛、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、急性上気道炎、心不全、などにも効果が認められ、 アメリカでは、数千人の統合代替医療、自然療法の医師が処方し点滴しています。

マイヤーズカクテル点滴療法の
治療費
治療費 1回 7,700円

※自費診療のため、健康保険は使用できません。
※税込み価格です。

アンチエイジング点滴療法

用途:疲労、倦怠感の改善
大量のビタミンC(25g)ビタミンB群などを点滴することで、疲労、倦怠感を改善し、肌を潤します。なによりも、やる気、意欲が湧き、元気な気持ちを引き出します。
アンチエイジング点滴療法とは、基本的にはマイヤーズカクテルに大量のビタミンCを加えた内容です。マイヤーズカクテルはもともと体の中にあるビタミンやミネラルを、急速に投与し、血中濃度を上げその働きを大きく引き出すものです。それにビタミンCを25gと大量に加えました。

アンチエイジング点滴療法の
治療費
治療費 25g 19,800円
50g 30,800円

※自費診療のため、健康保険は使用できません。
※税込み価格です。

副作用について
  • まれに腫瘍からの出血:化学療法でも見られる副作用です。
  • 見せかけの高血糖:点滴終了後の数時間は簡易血糖測定器で測る血糖値が実際の血糖値より高値になります。
  • G6PD欠損症:赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方は赤血球が壊れてしまう溶血性貧血を起こすため、この治療を受けることができません。